2017年01月04日

古いPCを再利用に向けて

 Windows XP のPCが戻ってきた、子供用に以前購入したものですが起動しなくなり2年ほどそのままになっていたものです。
FMV-CE70G7 という型番で、2004年1月製のXPモデルです。
Pentium4 2.8GHz、メモリーは1.5GBです、仕様では最大1GBになっていますが、ちゃんと認識しています。
まだ高価だった頃なので中古での購入でした。

fmvp4.jpg

 数回電源の入り切りで動くようになりました、使っていないのでHDDの回転不良でしょうか、車の振動もいい刺激になったかも・・・
セキュリティ上このまま使うのは良くないので、Linuxをインストールしました。
様子を見るため、まずはUbuntuを入れてみます、動きは悪いのは予想できるのでバージョンが14.04を試すことに。

 OSをインストール後アップデートファイルのインストール、最低限の使える状態になりました。
いざ電源ON、意外と早くデスクトップ画面が出てきました、70秒弱で表示されました。
Windowsはデスクトップを表示してからもHDDが延々と回転しますが(XPは特に酷い)、Linuxの場合はデスクトップが出るとすぐHDDの回転が止まります。

 ソフトの動きはどうでしょうか、起動、終了画面がフェードイン、フェードアウトのように表示されます。
Firefoxでネットをみてみると、ページが開くのはそうストレスを感じません、写真が多くなると遅くなりますが。
デスクトップ環境を「LXDE」に変えてみると、電源オンからデスクトップがひょうじされるまで55秒程度に短縮されました。
もう少し貧弱なCPUだと、もっと効果があったんですが、あまり時間短縮にはならなかったです。

 ビデオメモリーが64MBしか無いので、グラフィックボードを変えるとどうなるか(ジャンク屋さんに適当なものがあるといいのですが)
HDDがATA100なのでSATAに変えるとどうなるか、IDE-SATA変換基板があるので試す価値ありかな?
それとも、もっと違ったOSを入れてみるか悩むところであります。


ラベル:ubuntu LXDE Windows XP
posted by Benny at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック