2016年08月06日

アンチウイルスソフト

 Ubuntuのウイルス対策ソフトとしてClamTK をインストールしているのですが、スキャンするたびに「潜在的な脅威」として何個かのファイルが出てきます。
そんなにウイルスを拾っているのかな、それとも誤検知なのかと思い違うソフトをインストールしてみました、AVGの無料版を使ってみました。
Windowsと違い常時監視をしていないので、アンチウイルスソフトを2個入れても問題ありません。

 同じフォルダーをスキャンしました。
  ClamTK --- スキャンしたファイル数 25252  脅威 2個
  AVG ------- スキャンしたファイル数 25296   脅威 0個

 同じフォルダーをスキャンしたのですがファイル数が違う、感染ファイルも違う・・・
さてどちらを信用すればいいんでしょうか?
万年初心者としては悩んでしまいます。

posted by Benny at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック