2016年06月21日

アンチウイルスソフト Clamtk

 Linuxでは定番のアンチウイルスソフトである”Clamtk”ですが、Ubuntu 16.04 では正常に動かなかったのですが、ようやく動くようになりました。
いままではウイルスチェックをかけると「潜在的な脅威」として表示はされたのですが、隔離や削除ができませんでした。

clam1.png

 こんな感じです、「閉じる」をクリックするとこの小さな画面が閉じてしまい削除ができませんでした。
誤検知もあるので本当にウイルスかどうかはわかりませんが・・・  特におかしな動きは感じませんでした。
Windowsを標的にしたものだと拾ってきても感染しませんしね。

 今日「Ubuntu日本語フォーラム」を見ていると解決方法が記載されていました。
端末から " env LC_TIME=C clamtk " とコマンドから”Clamtk"を起動させるといいようです、早速やって、見ました。

clam2.png

 ちゃんと結果が表示され、隔離や削除ができるようになりました。
2つのファイルを削除して、もう一度ウイルスチェックをかけてみました。

clam3.png

 ウイルスが見つからない時も結果表示されるようになりました、Ubuntu 16.04 は今までにないことが起こります。
プリンターのインストールもうまくいかなくて時間がかかりました、アップデートで修正されるんでしょうかね・・・

posted by Benny at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック