2015年08月15日

Linux LiteでMOZCを使う

 Linux での日本語変換はMOZCを使っているので、Linux Lite でもMOZC を使えるようにしてみました。
パッケージマネージャーを使ってインストールできますが、たまには少しだけ端末( Terminal )を使って作業してみました。
パネルに "Terminal" が出ているので、すぐ起動できます。

   sudo apt update   少し前までは "apt-get" でしたが、今は "apt" だけでOKです。
   パスワードを入力     Linuxの場合は文字を打っても画面には何も表示されません。
 アップデートファイルがだらだらと出てきます。
   sudo apt install fcitx-mozc mozc-utils-gui
 MOZC関係のファイルが表示され、インストールするかと問われるので " Y " でインストールが始まる。

 インストールがが終われば端末は閉じてGUIで作業します、なにしろ万年初心者なので簡単なところだけ端末を利用します。
Menu -> 設定 -> 「入力メソッド」と進む。
「インプットメソッドの設定」画面が出てくるので、そのまま「OK」

mozc1.png

 「明示的にユーザー設定を選択しますか」 で、「はい」

mozc2.png

 「ユーザー設定を選択する・・・・・・・」 のところで、「 fcitx 」にチェックを入れて「OK」

mozc3.png

 「ユーザー設定・・・・・・」の文章のところは、そのまま「OK」

mozc4.png

 これで設定は終わったので再起動します。
うまく行ったでしょうか、テキストエディタを使って日本語を打ってみます。
どうかなと思いつつ「漢字」キーを押してみました、オーッツ!日本語の切り替わりました。

mozc5.png

 これで「漢字」キーで切り替えができるので操作が楽になりました。
こうなると Ubuntu MATE のHDDはしばらくお休みいただこうかな・・・

 本格的に使おうとするところでHDDが壊れるなんてオチはないように願いたいですね。

タグ:mozc Linux Lite
posted by Benny at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/424202414
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック