2015年08月15日

Linux Lite の日本語化

 HDDはなぜか今も動いています、壊れたと言えなかったので日本語化をしました。
”Menu"から”Settings"、”Language Support"へ進み、ランゲージサポートをインストールしました。
再起動されれば、メニューが日本語で表示されるようになりました、ネットを見てもちゃんと日本語が表示されています。

 ではみほんごのにゅうりょくはどうでしょう・・・ 
あれ??
漢字キーを押すとなにか記号が出てきます、インストール時文字化けのため記憶に頼ろセットアップしたのでキーボードの設定を間違えたようです。
キーボードのレイアウトを「標準105キー(国際)PC」にしました、無難なところで・・・
いくつか試したんですが、漢字キーを押すと記号が出るんですよね、それで出ないものを選びました。
じゃあ「漢字を使うときはどうするの?」ってなりますよね、パネル(Windowsではタスクバー)のキーボードのアイコンをクリックすればいいようです。

key.png

 ちょっと壁紙を変えてみましたけど、赤丸のところ。
ネットを見てもそうなっているようです、この点はちょっと不便かな。

 それから、ダブルクリックするのは面倒なのでシングルクリックで使っています、設定はどこ?
探してみるとMenuの「設定」 -> 「設定マネージャー」 を開き、「ファイルマネージャー」の「振る舞い」タブの中にありました。
ディストリビューションによって微妙に違うのでウロウロさせられます、暇人のすることかな?

 ソフトウエアセンターに有るアプリの種類は貧弱ですね、あまり追加するものはないんですが。
Synapticパッケージマネージャーから探すか、特定にサイトからダウンロードすることになりますか。
ネットを使っても軽快に動くので悪くはないですね、もう少しつけって見る価値はありますね。

posted by Benny at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/424199144
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック