2015年01月31日

Linux Mint 日本語化とIPアドレスの固定

 やはり日本語を処理するには日本語化しないとダメなようですね、もう忘れてしまったので他のサイトでカンニング。
我が家のPCはIPアドレスを固定しているので、これも固定してみました。

 左下の「Menu」から「コントロールセンター」、「ネットワーク」へと進む。
ネットワークの設定画面で下の鍵の絵の部分をクリックし、パスワードを入力し変更できるようにする。
一番上の「PPP接続」をクリックし続いてプロパティをクリック。
「ローミングを有効にする」のチェックを外し、「設定の種類」の部分を「IPアドレスを指定する」に変更。
IPアドレス、サブネットマスク、ゲートウェイを入力し「OK」、DNSタブを開き「追加」をクリックしてDNSサーバーのアドレスを入力。
ルーター仕様の場合は、普通はゲートウェイのアドレスと同じかな・・・

 この時最初に設定されている「127.0.1.1」は消さないように、消してしまうとDNSのアドレスを入れても電源を切ると消えてしまいます。
もう一度鍵の絵をクリックして、鍵をかけて閉じます。
一度ログアウトして再度ログインすれば有効になっているはずです。

posted by Benny at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック