2017年01月09日

古いPCを再利用に向けて 2

 13年前のXPパソコンですが、いくつかのLinuxを試してみましたがようやく方向が見えてきました。
Ubuntuでは重すぎるのでLubuntuを試しました、最新の16.04は何故か起動しませんでした。
ディスククリーンまで進むんですがそこから止まったままだんまりです、いくら待っても起動しませんでした。
14.04ではちゃんと起動するんですが、今年の4月でサポートが終わるので断念。
Pappy Linux やLinux Bean も試しましたが、イマイチ気に入らないんですよね。

 ダウンロードして保存しているISOファイルを眺めていると Linux Lite が目につきました、最新のバージョンは3.2のようですがインストールするのは3.0になります。
インストールメディアを作りスタート、日本語は文字化けしています、ネットの情報通り英語でインストールしました。
選択項目の場所は概ね記憶しているんですが、安全のために英語版でのインストールを選びました。

 インストールが終わればアップデートと日本語化の処理です、これば言語パックの追加なので簡単な作業です。
すべて終わって再起動、ん?なにやらエラーが有るようです。
" Configured directory for incoming files does not exist " だって、小さい字の説明には 「 Please make sure that directory "/home/xxx(ユーザー名)/Downloads" exists or configure ・・・」 と書かれています。
" OK " をクリックすれば問題なく使えますが、やはりなんとかしなければ・・・
日本語化をしたために " Downloads " が「ダウンロード」に名前が変わったのがいけないようです。
ディレクトリ(フォルダー)名を「Downloads」に変更、再起動させてみるとエラーは出なくなりました。
Firefoxのダウンロード先のディレクトリ名の設定も合わせて変更しました。

 さて結果はと言いますと、やはりちょっと・・・です。
ネットはまずまずと言いたいんですが画像が多いともたつきます、YouTube などでは画質を落とさないとカクカクしてしまいます。
我慢してもっと軽量Linuxに変更しないとだめかな・・・

lite.png

posted by Benny at 21:50| Comment(3) | TrackBack(0) | パソコン | 更新情報をチェックする