2016年06月30日

NitroShare 簡単な使い方と設定など

 使い方としては特に難しいところはないのですが、ごく簡単に書いておくことにします。
送り側、受け側のPCともにNitroShareを起動させておきます、Windowsの場合はタスクトレイに起動したアイコンができています、Ubuntuの場合は画面の一番上にアイコンが出来ます。

nitro4.png

 そのアイコンを右クリックすると作業の選択項目が表示されます、「Send Files」は単体のファイルを移動させる場合(Ctrlキーを押したままファイルを選択すれば2個選べるようです)、「Send Directory」はフォルダー(ディレクトリ)ごと移動させる場合です。
移動させるファイルが決まれば、移動先のPCの選択になります。

nitro5.png

 「Device Name」のところにPC名が表示されます、複数のPCがある場合はすべて表示されることになります、「Operating System」はWindowsとかLinuxとOSが何かを表示します。
送り先のPCを選び「OK」をクリックすればファイルが移動します、移動と言ってもコピーしたものが送られるだけで、元のファイルは残っています。
なお初期設定では送られてきたファイルはデスクトップに表示されます、「Settings」の「General」タブの「Directory」の設定を変えれば変更できます。

 「Settings」の「Advanced」タブでは使用するポートの変更が出来ます、セキュリティ重視の場合は変更するのもいいかと思います。
「Transfer settings」はTCPポート、「Broadcast settings」はUDPポートになります、変更した場合はファイアーウォールの設定も変えないとファイルが送れなくなりますから注意してください。
それと、すべてのPCが同じポートを使うように合わせないとダメなようです。

 Ubuntu(Linux)でファイアーウォールを使っている場合の設定変更。

  ファイアーウォールを使っている場合ポート開放をしないといけません、コマンド使うほうが手っ取り早いので仕方なく・・・
  root権限がないと変更できないので "sudo" を使っての作業です。

     40818ポートを開ける ・・・・・ sudo ufw allow 40818/tcp
     40816ポートを開ける ・・・・・ sudo ufw allow 40816/udp
     変更の反映 ・・・・・・・・・・・・・・ sudo ufw reload

        設定後の確認 ・・・・・・・・・・・・ sudo ufw status      
              Actionの所がALLOWでFromがAnywhereになっているはずです。

 これでまた便利に使えるようになりました。


  
タグ:nitroshare
posted by Benny at 22:00 | TrackBack(0) | パソコン | 更新情報をチェックする

NitroShareをインストール Windows編

 今度はWindows10のPCにNitroShareをインストールしました、ダウンロード先は下記のところからです。
                            https://launchpad.net/nitroshare
右にあるDownloadsメニューから選択します、Windowsなので「exe」ファイルです、32ビット用と64ビット用があるので間違えないように。「X86」が32ビット、「X86_64」が64ビット用です、マウスのポインターを乗っけると表示が出ますけど。

 ダウンロードが終われば早速インストールです、作業は簡単ですし迷惑なソフトもついてこないようです。

nitro3.png

 上のような画面で始まります、そのまま「Next」で進みます。
次は、ライセンスに同意する画面になるので、「I accept the agreement」の方にチェックを入れ「Next」。
続いてインストール先の問にはそのまま「Next」、「Select Start menue ・・・」のところもそのまま「Next」。
「Select Additional Tasks」はデスクトップにアイコンを作る場合は「Create a desktop icon」のところにチェックを入れ「Next」。
次は「Install」をクリックすればインストールが始まり、最後は「Finish」で完了です。

 さっそく動かしてみました、また「Unable to listen on port 40818」のエラーが出てしまいました、タスクトレイの隠れている部分を開くと「NitroShare」が2つ起動していました。
インストールが終わると自動的に起動するようですね、それで40818ポートが重複するのでエラーになるようです。
ファイアーウォールは自動でポート開放するようです、Windows8.1以前のものは確かめていないのでわかりません、ポート開放の許可する画面が出るかもしれません。

 インストール後PCの再起動は必要だったと思います、あれこれやっているとすぐ記憶が曖昧になります・・・


posted by Benny at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

NitroShareをインストール

 Ubuntuを使ううちにWindows PCとのファイルの共用がだんだん必要になってきました、最初はUSBメモリーを使っていたのですがやはり面倒です。
便利なソフトが有ったのは記憶にあったのですが、ソフトの名前が思い出せませんでした。
手持ちの資料では見つけることが出来ませんでした、ネット検索で探しているうちに記憶にあるソフトが見つかりました、「NitroShare」です。
同じLANのネットワーク内で簡単にファイルの移動ができるフリーソフトです、雰囲気的には「Dropbox」のような使い方になります、ただインターネットを介さないで自分家のネットワーク内のみでの運用になります。

 共有フォルダーを作って使う方法もありますが、相互にデーター移動するにはどちらのPCにも共有フォルダーを作る必要があるので不便です。
このソフトを使えば、Linux,Windows、Macと相手を選ばないのでいいですね。
当然ですが、すべてのPCにこのソフトを入れないとダメなんですが・・・

 今日はまずUbuntuのPCからインストールしてみます、「Ubuntu Software」からインストール出来ます。
インストールして動かしてみました、いきなりエラーが出てしまいました 「Unable to listen on port 40818」などと文句を言われました。
ファイアーウォールが邪魔してるんだと思いファイアーウォールをとめてもう一度起動してみましたがやはり同じエラーを吐き出します。
う~~ん どうすればいいんでしょね・・・

 こうなると検索しないと解決方法はありません、出てくるエラー通り「Unable to listen on port 40818」で探してみました。
そのものズバリでヒットしました、GitHubってページに記載されていました、「GitHub」ってなんとなく聞いたことがあるような・・・
それはいいとして英語のページですよ・・・、ありがたいことに難しい表現ではないのでなんとなくわかりました。
いまインストールしている何かのソフトが「40818」のポートを使っているので使えない可能性があるとのことです、解決方法を見るとポートを変更すればいいようです。

nitro1.png

 書かれている手順通りに操作しようと画面上を見ると「NitroShare」がたくさん開いているではありませんか、まあいいかとそのうちの一つをクリックし「Settings」を選択し「Advanced」タブを開く。

nitro2.png

 ここで「Transfer settings」のポート番号を変えてみるといいようです、試しに「40815」に変更しもう一度起動させてみました。
今度はエラー無く起動しました、起動後何気なく上のSettingsの画面を出してみるとポートが「40815」担っています、ん?? なぜ??。
ものは試しと「Reset」をクリックし初期状態に戻しもう一度起動させてみました、エラーなく動きますよ・・・

 一体何だったのだろうか・・・、ちゃんと動けばそれでいいんだけど。
悩んで疲れてしまったので今日はここまで、Windowsのほうはまた改めてインストールすることにします。


posted by Benny at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | 更新情報をチェックする