2015年02月13日

LinuxMint 17.1 に VMwarePlayer をインストールしてみる

 クローンHDDを作ったので、ちょっと冒険に出ることに。
万年初心者なので、なにか起こればお手上げですが、これで安心です。

 まずは仮想環境を作っておくことにしました。
定番の「VMwarePlayer」をインストールしてみます、ダウンロードはこちらからできます。
最新の7.0は64ビット用なので、「メジャーバージョン」のところを「6.0」にします。
これは、私のところのLinuxMintは32ビットなので古いタイプにしています、Mintが64ビットの場合は7.0でOKです。
Windows版とLinux版があるので間違えないように!

 Firefoxでダウンロードすると、標準では「ダウンロード」ディレクトリ(フォルダー)に入っています。
では、インストール作業を始めましょう。
まず「端末」を起動します、そこから「ダウンロード」ディレクトリに移動します。
 $ cd ダウンロード  (頭の「$」は入力しません)  でEnter キー (以下省略)
次に
 $ sudo bash VMware-Player-6.0.5-2443746.i386.bundle  (ダウンロードしたファイル名です)
パスワードを問われるので入力します、このときキーを打っても画面には何も表示されません。

 VMware のインストーラーが起動してきます。

vm01.png

使用許諾に同意を求められるので、「I accept ・・・・・」の方にチェックし Next

vm02.png

また同意を求められるので、「I accept ・・・・・」の方にチェックし Next

vm03.png

スタートアップ時にアップデートをテックするかとの問は、そのまま「Yes」で、Next

vm04.png

ここもそのまま「Yes」で、Next

vm05.png

「Enter license key」では、ライセンスキーはないので、何も入力せずに Next

vm06.png

ようやくインストールの準備ができたようなので、Install をクリック。

vm07.png

インストールが始まりました。

vm08.png

「Installation was successfull」が出れば、インストール成功です、Closeで終了します。

Menuから「システムツール」を開くと、「VMware Player」が追加されています。

起動させるとこんな画面です。

vm09.png

 初めて起動させるとなにやら追加の案内が出ましたが、スキップで無視しました。
英語表示の画面です、頑張りましょう・・・ 頑張れるかな??






ラベル:VMwarePlayer
posted by Benny at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | 更新情報をチェックする