2015年02月20日

アイコンを作ってみる

 SDRラジオが動いたのはいいが、毎回端末からコマンドを打つ(gqrx の4文字なんだけど)のが面倒なので、デスクトップにアイコンを作ってみました。

 まず、デスクトップのなにもないところで右クリック。
「ランチャの生成」をクリック。

sdr10.png

名前、コマンド、コメント欄に入力していきます。
  名前:Gqrx にしました、好きな名前で大丈夫ですし、あとから変更もできます。
  コマンド:ファイルの有る場所を指定、探すと「/usr/bin/gqrx」でした。
     usrディレクトリの中のbinディレクトリに有りました。
  コメント:お好きな様に
最後は「OK」で完了です。

 デスクトップを見ると出来ていました、しかし殺風景なアイコンです。
味気ないので変更します。
出来上がったアイコンを右クリック、「プロパティ」を開きます。

sdr11.png

「基本」タブのところの殺風景なアイコンをクリックします、「アイコンの選択」画面が出てきます。
「場所」の「ファイルシステム」から右側の「usr」次に「share」続いて「pixmaps」の各ディレクトリを開いていきます。
この中にいろんなアイコンが詰まっています、この中のディレクトリにも有りますね。
ファイルをクリックすると右側にどんな絵なのか表示されます、好きなモノを適当に選びます。
気に入らなければ、いくらでも変更できるのでとりあえず・・・

sdr12.png

右下の「開く」で決定されます、デスクトップのアイコンが変わりました。

sdr13.png

 これで完了です、実際にアイコンをクリックして起動を確かめます、エラーになればどこか間違えているので探しましょう。



posted by Benny at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

ソフトウェアラジオ(SDR)をインストール

 ソフトウェアラジオをインストールしてみました、「Gqrx」というソフトです。
Linux,FreeBSD,Mac で動くソフトのようです。
「RTL2832U」チップを使ったUSBワンセグチューナーを使って、広帯域の受信機として使用できます。
だいぶ前に購入したものがあるので(1000円でお釣りが来るような品物)、早速試してみました。
以前にも試したことがあるのですが、今回は非常に簡単にインストール出来ました。

sdr0.jpg

 ソフトウエアマネージャから「gqrx」で検索すれば見つかりますが、勉強のためコマンドでやってみました。

 端末から
$ sudo apt-get update
パスワードを問われるので入力。
$ sudo apt-get install gqrx-sdr

 これで完了です、起動させてみます、そのまま端末で操作してみます。
$ gqrx
起動するとなにやら設定画面が出てきます、つないでいるワンセグチューナーが表示されていたので、そのまま「OK」

sdr1.png

チューナーの画面が出てきました。

sdr2.png

FM放送を聞いてみます、FM802にセットしてみます。
「Receiver Options」を開き「Mode」のところを「WFM(stereo)」にします。(ワイドFMのステレオモードになります)
最初は「144.500.000」の表示になっていますが、「80.2」にかえてみます。
数字の上半分をクリックすると、数字が増えていきます、下半分おクリックすると下がっていきます。
受信中の画面です。

sdr3.png

外部アンテナを繋いでいないので、あまり受信状態はよくありません。
ついでに、アマチュアバンドも試してみました。
すぐそばで、ハンディ機から送信してみました。

sdr4.png

Modeを切り替えれば、AM,FM,SSB,CWなどがあるようですし、受信周波数も広いので、外部アンテナを接続すれば楽しめそうです。
録音も出来ますね、それに気に入った所があればプリセットって感じで記憶できるようです。
ちょっとアンテナを何とかしようかな・・・



posted by Benny at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

メールソフトをインストールしてみる

 メールも使えるようにと、メールソフトもインストールしてみました。
いろんなソフトがありますが、今回は初めて使うものをインストールしました。

 「Evolution」を採用してみました、Microsoft のOutlook のような感じです。
メール、スケジュール管理、カレンダー、メモなど多彩な機能がついています。
果たして使うのかな?? ってところではありますが・・・

 LinuxMintのソフトウエアマネージャから簡単にインストールができます。
インストール後初めて起動させると、「Evolution アカウント・アシスタントが表示されます。

ev1.png

そのまま「続行」

ev2.png

バックアップファイルからリストアできるようですが、初めてなのでそのまま「続行」

ev5.png

次のメールアドレスの設定へと進みます。

ev3.png

名前とメールアドレスを入力します。

ev4.png

サーバーやパスワードの設定をします、ただし使うメールアドレスによっては自動で設定されます。
YAHOOのアドレスを使ってみたところ、自動設定されました。(あとで起動させた時メールのパスワードが要求されます)

ev5.png

設定が終われば「適用」で終了します。

 どの程度使いこなせるかな??

posted by Benny at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | 更新情報をチェックする