2014年12月14日

Vine Linux のPCをファイルサーバーにしてみる。

 Vine Linux を入れているPCを活用するために、ファイルサーバーとして使うことにしました。
HDDも1GBのものを準備。

 smb.conf ファイルの編集がわからず数カ所のサイトを参考にしました。
以下が編集内容になります。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

フルアクセスの共有フォルダ作成

Vine Linux 6.2 で設定
     
Lan内の誰もが読み書きできて、且つ、ユーザー認証を必要としないフルアクセスの共有フォルダを作ります。

[1]     Samba の設定をします。

root での作業になります。( [root] の部分は入力不要 )

[root] # apt-get -y install samba   インストールされている場合は不要。
[root] # mkdir /home/共有       共有フォルダ名 漢字でもいい

[root]  # chmod 777 /home/共有

[root]  # vi /etc/samba/smb.conf        smb.conf ファイルの修正

 
* 65行目あたり:[global] 項目の設定。

#======================= Global Settings =====================================

[global]

    unix charset = UTF-8
    dos charset = cp932
    display charset = UTF-8

  
 * 90行目あたり:変更 ( Windowsに合わせる )

   workgroup = WORKGROUP

  * 次に数行下にある部分の変更:行頭の ';' を削除してアクセス許可するIPに変更

     hosts allow = 127. 192.168.1.     IPアドレスが 192.168.1.XX からのアクセスを許可
 
   ( 例 hosts allow = 127. 192.168.1.10 192.168.1.15  ---> 192.168.1.10 と 192.168.1.15 のIPアドレスを持ったPCからのみ接続可能)
  
   ; passdb backend
 

 * 122行目あたり:変更 ( 接続時の認証をなしに設定 )

     security = share

 
 * 最終行に以下7行追記

[Share]
 
    path = /home/共有
    writable = yes
    guest ok = yes
    create mode = 0777
    directory mode = 0777
    share modes = yes


  ここは自分にあったように適当な名前を指定

     path = /home/共有  ( 共有フォルダを指定 )

     writable = yes    ( 書き込みOK )

     guest ok = yes        ( ゲストユーザーOK )

        ( guest only = yes      ( 全てゲストとして扱う ) )

     create mode = 0777  ( フルアクセスでファイル作成 ・読み書き可能 )

     directory mode = 0777 ( フルアクセスでフォルダ作成 )

     share modes = yes   (  複数人が同一ファイルに同時アクセス時に警告 )


正しく書き換えれば変更を上書き保存し、編集を終了。

サービスを開始します。(端末から root での作業)

[root] # /etc/rc.d/init.d/smb start

     Starting SMB services: [  OK  ]  正しく開始されると [ OK ] が返ってくる。

[root] # /etc/rc.d/init.d/nmb start

     Starting NMB services: [  OK  ]  正しく開始されると [ OK ] が返ってくる。

[root] # chkconfig smb on

[root] # chkconfig nmb on

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

これで完了です、何とか使えるようになりました。
posted by Benny at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | 更新情報をチェックする