2014年08月15日

Vine Linux でプリンターを使う

 今使っているプリンターを使えるようしてみます。
EPSONのPX-045A って安いプリンターを使っています、Linux 対応が充実しているのでおすすめのメーカーです。
EPSONのLinuxドライバーのダウンロードサイトに行きますす。

ep1.png
  「Enter product name」にプリンター形式を入力。


 「Operation System」は 「Linux」のまま。












ep2.png

 複合機なのでプリンターとスキャナーのドライバーが表示されるが、まずはプリンタードライバーをダウンロード。













ep3.png



 ライセンスに同意を求められるので、よければ「Accept」をクリック。











ep4.png

 ダウンロード対象ファイルが表示されるので、自分にあったものをダウンロードする。

 Vine の場合は最後に「rpm」のついているファイル。

 32ビット用と64ビット用を間違えないこと。
ファイル名に「64」の表記があれば、64ビット用です。

 私の場合は32ビットを使っているので、一番上のファイルになります。





ep5.png

 「プログラムを保存する」にチェックをして「OK」をクリック。


 ダウンロードは、一瞬で終わります。









 次は、ドライバーのインストール作業になります。
ins1.png

 パネル(画面の一番上の部分)または「アプリケーション」 「アクセサリー」と進み「端末」を起動。












ins3.png* 一部文字を消してあります。

 root で作業するので、コマンド「su」を入力。
root のパスワードを入力(文字を打っても画面には表示されません)
「$」 が「 #」 に変わりました。
先ほどダウンロードしたファイルは「ダウンロード・ディレクトリ(フォルダ)にあるので移動します。
「cd ダウンロード」 (cd は半角文字です)と入力してエンター。
次は 「apt-get」コマンドでインストールします。
apt-get install (ドライバーのファイル名)
  私の場合
apt-get install epson-inkjet-printer-201204j-1.0.0-1lsb3.2.i486.rpm となります。
とちゅうで続行するかの質問があるので「y」を押します。
「完了」が出ればドライバーのインストールは終わりです。

ins4.png

 次は、プリンターの登録です。
「システム」「システム管理」から「印刷」をクリック。














ins5.png

 プリンターの追加画面が出るので、USBケーブをつなぎプリンターの電源を入れます。













ins6.png

 プリンターのアイコンが出たら右クリック、「プロパティ」を選ぶ。

 「テストページの印刷」をクリックし、正しく印刷されるのを確認。


 これで作業は終了です。

posted by Benny at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | 更新情報をチェックする

2014年08月14日

シングルクリックでファイルを開く(Vine編)

 ファイルを開くときマウスのダブルクリックは結構面倒なもの、Windowsでもシングルクリックで開いているのですが、Vine Linux でもシングルクリックで開くように設定しました。

 デスクトップ画面上部の「システム」 「設定」 「ユーザー向け」 「ファイル管理」 と進みます。
ファイル管理設定画面が出るので、「動作」 タブをクリック。
「シングルクリックでアイテムを開く」にチェックを入れれば完了。

click0.png
 これで少し使いやすくなりました。

posted by Benny at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | 更新情報をチェックする

Vine Linux を始めました

 Ubuntuを使っていますが、少し変わったものをと思い Vine Linux を使って見ることにしました。
インストール先は、EPSONのAT971というモデルです。
今はWindows7がインストールされていますが、デュアルブートで使うことにしました。

 容量の少ないノートPC用のHDDが余っているので、これを使うことにしました。
HDD1台でするとLinuxをやめるときに面倒な処理をしないといけないので、HDDを別々に用意します。
ちょっと窮屈ですが、2台入るように作られているのがいいですね。

 最新の Vine 6.2 をだうんろーどしてDVDに焼きインストールしてみます、ところがすぐにエラー発生。
ダウンロードに失敗してるのかと思い、別のPCにインストールしてみるとエラーの出るところは問題なくクリアーします。
何かが邪魔しているようです・・・

 それではと1つ前のバージョン 6.1 をインストールして見ました、こちらは大丈夫です、どんどん進んでいきます。
インストールが終わり再起動、プログラムの更新から修正ファイルをインストールしておきます。
なんと500以上ありました、やれやれしばらく休憩です。
インストールが終わり再起動するとちゃんと バージョン 6.2 になっていました、動作も問題なし。
最初どうしてエラーになるかはわかりませんし、そこまで追求する知識も根性もないのでパス。

 さてこれから使いやすくする設定や、追加のソフトを入れることにします。

    Vine Linux のサイト www.vinelinux.org


タグ:Linux Vine Linux
posted by Benny at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | 更新情報をチェックする